自分に合った育毛薬の選び方

育毛薬について考えている男性AGA(男性型脱毛症)に悩む人にとって、育毛薬は夢のような薬です。
どのようなメカニズムで作用するかというと、男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に還元する酵素の働きを抑えるのです。
この酵素はII型αリダクターゼと言って、テストステロンに作用してDHTを増やします。男性ホルモンは筋肉量を増やしたらい、声変わりや体毛を濃くするなど、男性らしさを出すために必要なものですが、DHTは作用が強いため、AGAの原因になってしまいやすいです。
育毛治療で使われている育毛薬は、II型αリダクターゼの還元力を抑えて、DHTの量が増えてしまわないようにする効果があります。
基本的に、育毛治療は薬や生活習慣の改善などによる、体に傷をつけない治療を行います。これに対して、植毛は手術が必要です。
病院の育毛薬よりは効果が落ちてしまいますが、市販の育毛剤を使うのもひとつの方法です。育毛剤は非常の種類が多いため、どれが自分にあったものか判断しづらいです。
選ぶ時には、まずは副作用の危険性が低いものを選びましょう。育毛剤は頭皮にダメージを与えるような刺激物には分類されていませんが、肌質や体質によっては頭皮が荒れてしまう可能性があります。育毛のために使ったら、かえって頭皮を傷めてしまったということが起こらないように注意しましょう。
有効成分は、血流を良くするものや、髪の毛を作るために必要な亜鉛が含まれているものなどがオススメです。
あとは、ニオイが強すぎないもの、塗るタイプならばテクスチャが良いもの、手を汚さずにつけられるスプレー式などの使いやすいもの、など自分の好みに合わせて選んでいくようにしましょう。