育毛薬を使用するときはパッチテストを忘れずに

育毛薬は薄毛や抜け毛で悩む人にとって、手助けできる強い味方の1つです。しかしその種類は多く、育毛への効果があっても自分の肌に合わず、肌がかぶれたり最悪では皮膚炎を起こしてしまう可能性もあります。その様な事態を避けるために、育毛薬を毛の生やす効果があるという薬という認識の元、パッチテストをしてから頭皮への使用をする方が安全であると考えられます。パッチテストをしている女性
育毛薬には男性用、女性用、男女共用があり、毛を生やす薬としてそれぞれ成分や刺激の強さも異なります。そのため他の人が使用した時には問題なかったものが、自分の肌には合わなく、赤く肌が腫れてしまうことは思っている以上に多い出来事です。そのため最初にパッチテストと呼ばれるアレルギー反応が起こるかどうかを事前に知るテストを行います。まずは皮膚の薄い二の腕の内側の部分に育毛薬を500円玉程度の大きさに塗布します。その後24時間を目安に塗布した部分が腫れるかどうかを確認しますが、人によっては反応が出るまでに48時間程度かかる場合もあるので、約2日間はパッチテストをしていることを意識して経過観察をすると良いでしょう。また塗布してから長時間、経過を見る必要があるので、出来ればお風呂上りで刺激物など身体の汚れを落とした状態でパッチテストを行うと良いでしょう。塗布してすぐに入浴し、育毛薬を綺麗にに洗い流す状態になることは避けましょう。
パッチテストで問題が無かったら、育毛の薬として安心して使用することが可能性は非常に高いです。後は使用する時に頭皮のマッサージをして頭皮の血行を良くしたり、頭皮の乾燥に気を付けたりすることで皮膚のバリア機能を高め、育毛薬の効果を発揮できるような状態にします。たかが育毛薬、と考えずに、安心安全に使用するためには準備が必要な場合もあるのです。