女性も使えるタイの育毛薬

タイは女性の美しさが世界的にも認められており、性転換して女性になった人も含めて美容への意識が高いです。
しかし性転換した人は、ホルモン代謝の影響で薄毛になりやすいです。そこでタイの人が使っているのが、ブラックポムトンという育毛薬です。
ブラックポムトンのイメージタイを訪れた日本のニューハーフタレントが愛用していることで、日本にも広まりました。日本の男性用の育毛薬は刺激が強く、特にフィナステリドは女性は触れることさえ禁止されています。
一方ブラックポムトンは、多くのハーブを配合した天然成分だけで作った育毛薬なので、肌に優しく女性も使うことができます。
ナツメグオイルは、アロマセラピーにも使われます。血流を改善して発汗を促進します。頭皮に浸透させることで、毛根周囲の血流促進と余分な皮脂を排除が可能です。
抗酸化作用が高いココナッツは、抽出したオイルに多くの栄養を含有しています。栄養を補給して、髪の毛を保湿します。
そしてセサミオイルは、インドのマッサージの一つアーユルベーダでも用いられます。ビタミンEを豊富に含むことから、デトックス効果が期待され、体温の上昇も見られます。
ブラックポムトンは、血行を改善して発毛を促すことが目的です。毛根の血液量が増えることが発毛につながるという理論は、日本でも知られているミノキシジルで証明されています。
AGAを発症すると、毛細血管に血液が送られなくなり、前頭葉の温度が低下するとされます。ブラックポムトンには、体温を上昇させるハーブの力が働くので、AGAにも一定の効果があります。
最近は女性でも男性のようなAGAに似た症状が出る人がいますが、一般的な育毛薬は使えないので、ブラックポムトンを試すと良いです。