育毛を促す治療薬の存在を知ってますか?

薄毛や脱毛、抜け毛等、髪の悩みを抱えた人達は、育毛を促す治療薬を知っておくと有意義です。様々な種類のものがあります。
まず、飲むタイプのサプリメントです。サプリメントにもいくつかの種類があります。プロペシア系、ミノキシジル系、さらにはサプリメント系です。色々な種類のサプリメントプロペシア系は、薬用成分が、男性型脱毛症による脱毛を防ぐ効果が期待出来ます。入手するには、クリニックで処方してもらうか、個人輸入になります。ある程度、継続して服用をすると、効果があらわれます。
そのため、個人輸入でエフペシアなどのジェネリックの方をまとめ買いするのがお得です。ジェネリックは先発医薬品と成分などが同じなので、エフペシアの効果や副作用は基本的にはプロペシアと同じです。
ミノキシジル系は、血管を拡張し、血行を促進させます。血行が良くなることで、毛母細胞に運ばれる酸素や栄養素も増えるため、発毛を促す効果が期待でく、こちらもクリニックでの処方か、通販での購入が可能となります。
サプリメント系は、植物由来の天然成分などですので、時間をかけて、頭皮の環境を改善していきます。
副作用の心配は全くなく、毎日安心して飲むことが出来ます。しかし、効果を保証出来るものにはなっていません。育毛に関する努力をしておきたい人達には、向いています。
育毛を促す治療薬としては、古くからある、育毛剤も役に立ちます。育毛剤も、様々な種類のものが販売されています。
どういったものがよいのかは、口コミや評判などをチェックし、自分の症状に向いているかを判断することで絞られてきます。
育毛剤によるケアは、自宅で手軽に出来ます。気になったら早めにチャレンジをすることで、薄毛の進行を防ぐ効果が期待出来ます。
購入する際には、説明書きをよく読み、継続して使えるようなものを選ぶようにし、薬剤のベタつきなどが気になる人達には、向いた商品を選ぶようにしましょう。

育毛をしたらどれくらい髪の毛が増えるのか

薄毛がなくなった男性育毛をすることによって増える髪の毛の総数は、患者の体質によってかなり異なります。また、育毛をするための治療方法や対策によっても大きく変化することは知っておきましょう。
育毛を実現するための手段としては、一般的に薬を利用した方法手術を利用した方法の二つが存在しますので、どちらの手段を選択するかによって増える総数は異なります。
例えば、AGAのような症状を発症させている際には薬を服用して脱毛症状を止める必要がありますし、脱毛症状を止めないまま育毛だけを実行したとしてもそれほど大きな効果を期待することはできません。
一方で、薬を利用して脱毛作用を止めながら育毛をすると数千本単位で髪の毛を増やすことも夢ではありません。これは、手術に関しても同じことが言えます。
手術に関してはまず植毛手術をすることによって髪の毛の総数全体を増やすという手段が存在します。この本数に関しても患者の頭皮に残っている髪の毛の本数に依存します。近年の植毛手術は、患者自身の髪の毛をドナーとみなして手術を行い、手術をした後に生えてくる小さな産毛を新しい髪の毛として育毛することを最終的な目的としてします。
そのため、頭皮に対して残っている髪の毛が多ければそれほど発毛や育毛を考える必要はありませんし、少ないのならばそれだけ多くの移植手術をしなくてはいけません。髪の毛の状態は患者それぞれで決まっており、クリニックに行けば必ずどの程度増やしたいのか、将来的にどのような髪形にしたいのかを問われます。患者によって最終的な到達点が異なりますのでどれくらい髪の毛が増えるかに関してはまずそれぞれの頭皮の状況を確認することから始めなくてはいけないのです。

育毛したい時はどうすればいい?

薄毛が気になりだした人が育毛を考えるとき、どのような対処をすれば良いのか気になります。
この問題の解決方法として、大きく2つの方法に分かれます。
まず、脱毛の原因を知ることです。
脱毛の原因が一過性である場合は回復も早いのですが、AGAのように進行性の原因である場合、回復が難しいです。
AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素である5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンと変化することによって抜け毛を促進させ、ヘアサイクルを乱すため、薄毛が進みます。
結論から言えば、ジヒドロテストステロンを遮断することで抜け毛をストップさせ、正常なヘアサイクルを取り戻すと薄毛の改善が期待できます。
5αリダクターゼを遮断するためには、プロペシアを使用するAGA治療を行うことです。
また、ミノキシジル成分配合の発毛剤が細くなった血管を拡張し、毛細血管の修復をすることで髪に栄養が送られて、徐々に正常なヘアサイクルへと戻るため薄毛が改善します。
一方で医療とは別概念の方法での育毛への取り組みもあり、医薬品とは異なる育毛剤の使用です。
育毛剤の場合、AGA治療のような医薬品が使われず、天然成分などが主体となった液体を頭皮に塗布し、毛穴からの浸透により毛乳頭へ栄養を送ることで、髪の成長を促します。
双方の違いは、エビデンスに基づく育毛方法であるか否かであり、逆に双方に共通する点としては、育毛環境を整えるということです。
考え方が一緒でも、臨床データが異なるため、結果として育毛の概念を大きく変えます。
AGA治療には副作用が存在しますので、自身の症状や体質を十分に理解した上で、医師の診断を受けて取り組むことです。
育毛剤は副作用の懸念は低いですが、効果を示すデータが乏しいため、正しい頭皮ケアによる頭皮環境の改善を期待して毎日コツコツ取り組むことが効果に繋がるでしょう。

あわせて読みたい記事